HOLLYWOOD

高1でモデル そして単身留学

小学生のときハリウッドスターになることを夢見た芳賀は、中学卒業後、家族の薦めもあって、金沢のモデル事務所のオーディションを受け、見事合格する。遊学館高等学校生であり、プロのモデルとなった。
「仕事は月に1回あるかないかだったんですけど、次第に学校全体が応援してくれているのが伝わってきて嬉しかったですね。 前例のないことなので初めは学校側も困ったみたいです。カナダ留学も個人で行ったんですよ」
目的は英語を学ぶため。エアラインに勤める姉がカナダにいた。そこなら安心と、両親も芳賀の夢を後押ししてくれた。

芳賀 勇一(はがゆういち)モデル・リポーター平成12年度8月卒業 高校3年時にカナダへ単身留学。サウザーランドハイスクールを卒業後、遊学館高等学校の卒業認定を受ける。北陸大学を経て、アメリカの俳優学校へ。現在モデル、リポーターとして活躍している

…たったひとりの卒業式

移民の多いカナダでは留学生がきたことで特別扱いなどしない。最低限の語学レベルの芳賀にとって苦しい毎日が続いた。 毎朝行われている特別講座に顔を出し、猛勉強を重ねた。並々ならぬ努力の末、卒業時にはアベレージ80%を超える好成績で学校から表彰を受けるまでに成長していた。
芳賀が帰国したのは平成12年の8月、かつての仲間達がすでに卒業したあとのことだった。 そんな芳賀を遊学館は以前と変わらず暖かく迎えてくれた。同月8日、たったひとりの卒業式が校長室で行われた。「ご苦労様」先生達の言葉が胸を打った。

写真:芳賀 勇一

とことん苦しんでやる

モデル業と大学を平行していた芳賀は卒業が近づくにつれて悩んだ。本当にこの夢を追いかけていても良いのか。 そんなとき旅先の中国でみた貧困のなかでも活気に溢れる人々の様子が、勇一の悩みをちっぽけなものに変えた。そして単身ロサンゼルスの俳優学校入学を決意する。
帰国した芳賀はこう語る。
「人生、山あり谷あり険しい道を歩んだ者ほど、良い演技をできると感じました。 あの頃は言葉にできないぐらい苦しかったけど、ハリウッドに戻るにはもっともっと険しい道を選択しなければならないと思います。 だから今は日本でとことん苦しんで力をつけてやろうって思っています。」

写真:芳賀 勇一

現在、芳賀は東京と金沢の事務所に所属しモデルとして活動。また中継リポーターとしてTVのレギュラー番組をかかえている。
「来るものは全部挑戦して経験を積んで、俳優への夢につなげられればと思っています」
つまづいても、芳賀は何度でも立ち上がり、夢を追い続ける。

「Stand Up」がYu-Style

〈2007年8月〉

卒業生の声

ウェブパンフ ダウンロード 先生ブログ 部活成績ブログ 受験生・保護者・進路指導の方へ 卒業生が語る遊学館 部活動 教員一覧
YouTube遊学館公式サイト Yu遊コミック Zip! 部活動キャラバン
モバイルサイト