出会いと絆。 石﨑 夏海(いしざきなつみ)北國銀行員  平成14年度卒業 金沢大学へ進学後、北國銀行へ就職する。 石﨑 孝志(いしざきたかし)明治大学卓球部  平成16年度卒業 明治大学へ進学、卓球部で汗を流している。

卒業生のYu-Style 動画

遊学館の卒業生 石﨑 姉弟の紹介です。

遊学館入学は決まっていたのかもしれない

石﨑夏海と孝志はともに遊学館卓球部で汗を流した姉弟だ。夏海は小学2年生のときスポーツ少年団に入り、卓球と出会う。興味からはじめた卓球だが、日増しに真剣になりひたすら打ち込んでいく。2つ年下の孝志はそんな姉の姿をみて、自然と卓球を始めたという。小学生時代、大会に出れば当然といって良いほど優勝を重ねた石﨑姉弟。二人はこのときすでに遊学館男子卓球部監督植木大と出会っている。思えばこの出会いと遊学館高等学校進学は必然だったのかもしれない。
夏海「全国で活躍したいっていう思いが強くて遊学館に入学しました」
孝志「植木先生のもとで卓球をやれば強くなれると思いましたね」

写真:石﨑姉弟

姉弟で優勝!それぞれの道へ

旧富来町出身の二人にとって、遊学館へ通うことは実家を離れ学生寮での生活を意味していた。練習は厳しいことも分かっていた。寂しいときも辛いときも、卓球ができる喜びで乗り越えた。離れて暮らす両親は欠かさず試合を見に来てくれていた。そして夏海3年生、孝志1年生のとき、石川国体予選で小学校以来となる姉弟そろっての優勝を飾る。両親の涙がとても嬉しかった。
その年夏海は大学受験を迎える。卓球尽くめの毎日で勉学との両立は楽ではなかった。
夏海「各教科の先生に放課後、補習をしていただいて、そのあとも付きっきりで毎日8時過ぎまでマンツーマンで教えてくださったり、本当に我が子のように教えてくださいました」
その甲斐あって見事、金沢大学に合格。大学に入ってからも好きな卓球を続けた。
孝志は高校時代、県大会のシングル戦はすべて勝利を飾っている。ジュニアの日本代表にも選ばれた。その実績を引っさげ卓球の名門・明治大学へ進学する。

写真:石﨑姉弟

出会いとつながりに感謝して

二人は遊学館でなにを得たのか。
孝志「卓球が強くなったこともそうだけど、一番学んだのは人間性かもしれないですね。挨拶や礼儀作法、感謝の気持ちとか。植木先生のおかげです」
夏海「とりあえず元気だけは他の人に、他の高校に負けないようにって教わりました。挨拶と元気、そこだけはいまも心がけています」
夏海は北國銀行の新人行員として頑張っている。孝志は明治大学卓球部で日本代表を目指し特訓がつづく。
遊学館での出会いと絆はいまも二人の胸に熱く焼き付いている。

孝志:「出会いが大切」がYu-Style夏海:「絆」がYu-Style

〈2007年8月〉

卒業生の声

ウェブパンフ ダウンロード 先生ブログ 部活成績ブログ 受験生・保護者・進路指導の方へ 卒業生が語る遊学館 部活動 教員一覧
YouTube遊学館公式サイト Yu遊コミック Zip! 部活動キャラバン
モバイルサイト