国立。
岸 玲衣(きし れい)遊学館教員平成12年度卒業/サッカー部コーチ大阪商業大学へ進学後、サッカーで日本学生選抜候補にも選ばれるが怪我に泣き、社会科の教員として母校に帰る。

卒業生のYu-Style 動画

遊学館の卒業生 遊学館高等学校教員 岸 玲衣先生の紹介です。

遊学館じゃなければ辞めていた

生徒達の良き兄貴分でありサッカー部の鬼コーチとして慕われる岸玲衣先生。 彼は遊学館サッカー部の第3期生として、1年生のときからレギュラーを務め、3年生のときにはキャプテンとして全国大会出場を果たした。
岸「あれだけ頑張れたのも遊学館だからかな。監督や仲間たちに出会わなかったらサッカーをつづけてられなかったかもしれない。 家を離れてサッカーをしていたことも良かったですね。まあ逃げ道がなかったといえばそれまでなんですけど(笑)」

夢叶うというその矢先

神奈川県の実家を離れ寮生活をしていた岸。高校時代は明けても暮れてもサッカーの毎日だった。 怪我に泣かされたこともあったが、サッカー部のメンバーといられることがなによりも嬉しかった。国立競技場への夢は地区予選決勝で惜しくも破れたが、悔しさがよりサッカーへの情熱を駆り立てた。大阪商業大学への進学は、恩師である遊学館サッカー部監督吉川先生の薦めだった。日本学生選抜候補に選ばれ、プロチームからのスカウトの声も掛かり、さあ念願のJリーガーへという矢先、選手生命を脅かす大怪我にみまわれる。前十字靭帯と半月板の損傷。幸い手術は成功したものの、その脚は全盛期の輝きを失っていた。

写真:岸 玲衣

遊学館教員へ

そして、岸は遊学館へ帰ってきた。
岸「先生方の姿を見て、ああ先生をしてみたいなって思ったのもひとつですね。 Jリーガーにはなれなかったけど、これまで自分なりにやってきたこと、怪我とかで苦しんだこと、そういうことを何か還元できたらなって思う。 学校に先生方に感謝しなきゃいけない。いまこうやってサッカーを教えながら、お世話になった先生方と一緒にやれることを」
選手としてずっと陽の当たる場所にいた岸。 指導者としてピッチの外からサッカーをやることの戸惑いと苛立ちに苦しんだことも
あった。しかしいま岸の目に後悔はない。
「選手から指導者になったけど、自分の目指すところは同じ。国立の芝を踏むっていうのが夢です。 みんなでいくことに変わりないので」
立場こそ違えど、サッカーへの情熱は変わらない。
国立競技場へ向けて、岸は今日もグラウンドに立つ。


〈2007年8月〉

卒業生の声

ウェブパンフ ダウンロード 先生ブログ 部活成績ブログ 受験生・保護者・進路指導の方へ 卒業生が語る遊学館 部活動 教員一覧
YouTube遊学館公式サイト Yu遊コミック Zip! 部活動キャラバン
モバイルサイト